ファスナーの靴修理を依頼してみよう

ブーツやミュールなど、靴によってはファスナーがついているものがたくさんあります。履きやすくするという目的だけではなく、オシャレなポイントにもなるものですが、金具が折れてしまったり、スムーズにファスナーが動かなくなるなどのトラブルも出てくることがあります。実際にそうなった際にはどのような修理が行われるのでしょうか。

どうして靴のファスナーは壊れやすいの?

洋服やカバンなど、ファスナーが用いられているアイテムはたくさんあります。そんな中でも靴に使用されているものは比較的壊れやすいと言われているのですが、そこには靴ならではの理由があるのです。

靴のファスナーまず負荷がかかりやすいということがポイントになるのですが、実際に歩くだけではなく立っているだけでも足全体には大きな負荷がかかります。それは当然靴にもかかっていることになるのですが、その負荷によって閉じているファスナーが広がろうとしたりします。こういったことが日常的に起こることで、かみ合わせが上手くいかなくなってファスナーの開け閉めに悪影響を及ぼす可能性があります。また負荷によるものだけではなく、脱ぎ履きを頻繁にするためにファスナーをよく触る場合にも、乱暴に扱ってしまうとすぐに壊れてしまいます。こういったことからファスナーを酷使するはめになり、壊れてしまうという結果を招くのです。

次にコストダウンのために安いファスナーを使っている場合があるということです。靴は機能性も大切ですが、足元のオシャレとしてもデザイン性が欠かせません。だからこそ靴全体のデザインや色、バランスなどがとても大切なのですが、こだわりすぎると気軽に購入してもらうことができないような価格になってしまいます。なんとか買ってもらおうという値段で出すためには、部分的なパーツでコストダウンをはかることが大切です。ファスナーもその1つとして考えられており、耐久性よりもコストを重視させて安いファスナーを使っている靴はたくさんあります。そのためすぐに壊れてしまうというのは珍しくはありません。

飾り程度のものであればたとえ壊れてしまっても問題はありませんが、脱ぎ履きには欠かせない部分という場合には、壊れてしまうと転倒の危険性も出てきます。また履き心地も悪くなりますし、そのまま放置してしまうと経年劣化をしていくでしょう。様々な危険性が出てくるので、ファスナーが不調だと感じた際には無理に履こうとはせず、修理に出すことを考えるようにしましょう。

下手にいじらずプロにお願いしよう

少し滑りが悪くなったファスナーを見ると、無理に力を入れて開け閉めしようとしてしまう人もいます。しかしこれでは余計に事態を悪化させることに繋がります。調子が悪いと感じるようになったら、無理に触らないようにしましょう。

実はファスナーの修理は自力で行うことも可能です。しかしファスナーというもの自体は様々な部品が組み合わせっていますし、それらを理解した上で修理をしていくのはとても大変です。また靴に縫い付けてあるものなので、丁寧に靴に縫い付けている糸を解き、部品を丸ごと交換しなければなりません。靴の素材によってはこの段階から素人の手では難しいでしょう。洋服やカバンに比べて靴は素材が分厚く、縫い付けるのも簡単ではないので、やろうと思うと非常に時間と手間がかかります。また修理費を浮かそうと無理矢理自力で直そうとすると、縫い付けが甘くてとれてしまったり、直してもすぐに壊れてしまうというような可能性もあります。こうしたリスクを考えると、やはりファスナーの修理は靴修理の専門店を依頼した方が無難だと言えるでしょう。

デザイン性を持たせた交換も可能

靴の脱ぎ履きをしやすいようにとつけられていることが多いファスナーですが、実は様々なデザインがあります。靴全体の色に合わせたものもできますし、少し高級感やアクセントになるように金色やシルバーなどの光るタイプのファスナーもあります。また色だけであなくデザインや幅によっても靴の印象を大きく変えることになるでしょう。こういったことから修理時にアレンジを加えたり、元々ファスナーがついていないものにつけたりなどする人がたくさんいます。ではファスナー修理というのは実際にどこまでできるものなのでしょうか。

まずはファスナーコイルやファスナースライダーの交換です。本来スライダーを動かすことによって開閉を可能にするものですが、金具から外れてしまったり、しめたはずなのに上手くかみ合わず、開いてしまうなどのトラブルが出てきます。これではファスナーとして機能していないも同然です。そのため原因に合わせて部品を交換していくことが必要なのですが、どの部分を交換するかによって費用も大きく異なります。またショートブーツやロングブーツなど、必要なファスナーの長さも靴によって異なるので、お店としっかり相談して決める必要があります。

次にファスナーの取り付けですが、元々ついていない靴に取り付けることもできます。ショートブーツだから簡単にはけるけれど、やっぱりファスナーがついている方がスムーズで脱ぎ履きしやすいという人や、少し靴の雰囲気を変えたいという人などが依頼することが多い傾向にあります。ファスナーには大きく分けてナイロン、メタル、ビスロンの3種類があります。機能としては同じなのですが、しめた際の見た目が違うので、デザイン性を求めてファスナーを付けるという人にとっては注目すべき点だと言えるでしょう。ただつけたいと思っていても、靴のデザインや素材にとっては取り付けが不可能なものもあります。そのため職人さんに直接相談をしてつけられるかどうかを確認するようにしましょう。その時にあわせてデザインの相談もすると、素敵な靴のアレンジが期待できます。

靴修理とはいっても、不調な部分を直すだけが全てではありません。アレンジなどを理由に新品の加工を依頼する人もたくさんいます。

異変を感じたらすぐに相談しよう

ファスナー修理の費用は内容によって大きく変わります。全体的に取り換えをしなければならないのか、また一部だけ部品を変えるだけで直るのかなど、内容の違いによっては数千円の差が出てきます。ちょっと違和感を感じるけれど開け閉めができるから大丈夫と放っておくと、どんどんいたんできてしまう可能性があります。気になるのであればすぐに相談をするようにすれば、修理費も安く抑えることが可能です。

関連修理サイト→靴専科

Pocket